当社がデジタル推進室立ち上げを支援する業務を開始

デジタル化と言う言葉はやDX(デジタルトランスフォーメーション)と言う言葉が注目を集めています。

中小企業でデジタル化の流れからみるとなかなか難しいテーマのように思われます。

 「デジタイゼーション」「デジタライゼーション」という言葉を取り上げ、IT化の段階的な流れからDXについて説明する。

 

「デジタイゼーション」とは、一部の工程の効率化のためにデジタルツールを導入するといった部分的なデジタル化を意味します。デジタル化の第一段階と言えるものです。

例えば、CRMツールを導入して顧客データを管理する、RPAによって一部の業務を自動化するといったことが、デジタイゼーションに当たります。

 

「デジタライゼーション」とは、デジタイゼーションのような局所的な取り組みではなく、長期的な視野でプロセス全体を対象にデジタル化していく取り組みを意味します。デジタイゼーションとの違いは、プロセスをデジタル化するという点にあります。

例えば、CRMツールで管理している顧客データをもとに、適切に購入に導く、見込み顧客にアプローチしていくといったトータル的な仕組みの構築、フローの自動化などがデジタライゼーションに当たります。

 

デジタルトランスフォーメーション

デジタイゼーションは部分的、デジタライゼーションは全域的なデジタル化という違いはありますが、いずれも一企業の枠組みのなかでの取り組みになります。

一方、デジタルトランスフォーメーションは、そうした枠組みを超え、人々の生活をより良くするために社会全体を変革、さらにはデジタル技術による革新的なイノベーション「デジタル・ディスラプション」を意味するものと捉えられています。

 

DX準備に

当社がデジタル推進室立ち上げを支援事業を開始しました