創業塾で話したかったこと 創業前に準備するIT活用法

創業前に準備するITとは
創業前に準備するITとは

創業前に準備することを自分の経験から纏めてみました。

 

創業前にITを活用すること

人的なネットワークが必要です。自分の場合は、創業当初は知り合いから紹介だけでした。

いまならばFacebook活用して繋がっていれば、人的なネットワークになります。創業前にいろんな方と繋がっておくことは大切です。

 

 

創業前にホームページを作成してみる。いまは「はじめてWEB」のように自分で作成・更新でき、費用を抑えて情報を発信できツールがあります。ホームページ作成前にホームページ企画書を作成すると自分のやりたい事業やお客様にどの様なサービスが提供できるか、どのように差別化するかが纏めることができます。

 

最後は、貯蓄が準備が必要です。1~2年間程無収入でも大丈夫とある程度余裕がないとだめですね。余裕は大事です。

1 コメント

ワークショップご紹介 未来図 de キャリアを描くワークショップ

ワークショップの紹介です。(後援:株式会社一期大福)

 

未来図 将来なりたい自分の姿を写真やイラストでイメージを具体的に表現

 

開催日時:2016年5月13日(金)18:30~21:00

場所:ITビジネスプラザ武蔵 研修室2

参加料:2,000円

 

詳細な説明と申込みは、こちら

 

未来図でキャリアを描くワークショップ
未来図でキャリアを描くワークショップ
0 コメント

会社の経営理念は必要ですか

金沢松下幸之助研究の4月例会で「経営理念(松下幸之助)」ビデオを鑑賞しました。

内容を少し纏めました。


松下電器発展の要因があがっていました。

1.仕事が時流に合っていた

2.理想を掲げ、方針が明確であった

3.ガラス張り経営を行った

4.全員経営を心がけた

5.人材に人を得た

6.社内に派閥をつくらなかった

7.企業を公のものと考えた

8.自分が凡人であった


「2.理想を掲げ、方針が明確であった」松下幸之助さんは、経営理念の確立によって信念が生まれ、そして経営に魂が入ったとおしゃっていました。


経営理念には、企業は何のために存在するか、そして企業をどう運営していくかが表現される。

株式会社一期大福の経営理念案は、「一期一会を大切に、関わった皆さんに大きな幸せ(幸福)を提供することを目指し、中小企業の情報化支援を通して地域社会に貢献します」


もう少し考えてみます。


0 コメント

創業促進補助金の案内(募集期間:平成26年6月30日)

「創業」に関する補助金をご紹介します。

・名称 :創業促進補助金
・補助率:補助対象経費の2/3(補助下限額100万円~上限額200万円)

本補助金は、新たに創業(第二創業を含む)を行う者に対して、創業等に要す
る経費の一部を補助するものです。特に、新たなビジネスモデルにより、地域
の需要や雇用を創出する事業を補助の対象としています。
募集期間は、「平成26年6月30日」までです。

なお、本補助金の申請における留意点は以下のとおりです。
1)認定支援機関(地域金融機関等)の支援を受けられること
2)補助対象経費は、「交付決定日以降」に契約・発注をしたものに限られること
3)補助金は「後払い」となるため、資金繰りには注意すること

詳細は、各地方事務局のサイトから「募集要項」をダウンロードしてご確認く
ださい。
http://www.smrj.go.jp/utility/offer/075939.html

 

 

石川県 ブログランキングへ

 
0 コメント

ベンチャー、創業者向けのセミナーのお知らせ(2/21)

石川県産業創出支援機構が主催します創業者、ベンチャー起業者、第二創業者の参加者募集案内です。

テーマは、経営者が陥りやすい失敗事例を実経験から学ぶ、厳しい時代を乗り切るためのベンチャー、創業者向けのセミナーです。

 

日時:平成26年2月21日(金) 14:00~ 15:30 (受付開始13:30)

場所:地場産業振興センター 新館4F 第11研修室

講師:株式会社オハラ 代表取締役社長 小原 繁 氏

 

セミナー内容

●人生の方程式

●経験から学ぶ経営術

●過大投資、中国撤退、労災から学ぶ経営術

●経営の原点

  ・事業の目的、意義を明確にする

 ・売上を最大に、経費は最小に

 ・値決めは経営   

  ・常に想像的な仕事を行う  など

 

詳細と参加申し込みは、

http://www.isico.or.jp/dgnet/eventseminar/33031

 

石川県 ブログランキングへ

0 コメント

ICT関連技術を活用したビジネスプランコンテスト(金沢市)

金沢市が主催するビジネスアイディアコンテストの募集が始まりましたのでお知らせします。これから創業を考えている方にぴったりなコンテストです。

 

公募の趣旨は、ベンチャー企業の創出及び育成を図り、本市産業の振興に資することを目的に、起業や新分野進出をめざす中小企業者や個人の皆様から広くICT関連技術を活用したビジネスプランを募集しています。

募集対象は、ICT関連技術を活用したビジネスプランです。

募集対象者は、金沢市内で事務所・オフィスを既に構えている方または構える予定のある方で、創業3年未満の中小企業者またはこれから起業される方が対象になります。 優秀なプランには50万円(限度)の奨励金を交付し、事業化に向けた支援を受けることができます。

 

募集締切は来年2月7日(金)です。応募詳細はこちら

 

 

石川県 ブログランキングへ

 

0 コメント

創業補助金公募お知らせ(補助金)(締切:H25.12.24)

概要は、

①事業をおこす起業・創業

②既に事業を営んでいる中小企業・小規模事業者において後継者が先代から事業を引き継いだ場合などに業態転換や新事業・新分野に進出する第二創業

③海外市場の獲得を念頭とした事業を興す起業・創業

等を支援することにより、地域における需要の創出、取り込みや中小企業・小規模事業者の活力の回復・向上を促すことで、経済の活性化を図るを行う者に対して、その創業事業費等に要する経費の一部を補助する創業補助金です。

 

補助内容は、

弁護士、弁理士などの専門家との顧問契約のための費用や広告費等、創業及び販路開拓に必要な経費(別途基準を定めます)に対して以下の補助率、補助上限額に基づき補助を行います。補助額が100万円に満たない場合は、補助の対象外とします。
                      補助率     補助上限額  
  [地域需要創造型起業・創業]      2/3     200万円
  [第二創業]              2/3     500万円
  [海外需要獲得型起業・創業]      2/3     700万円

 

詳しくはこちら http://www.isico.or.jp/dgnet/support/32203

 

 

石川県 ブログランキングへ

0 コメント

金沢創業応援塾の募集案内

金沢商工会議所主催の金沢創業応援塾のお知らせです。

 

週末コース

①平成25年8月31日(土)・9月1日(日)の2日間

②平成25年10月8日(火)・10月9日(水)の2日間

 

 


石川県 ブログランキングへ

ダウンロード
金沢創業応援塾
金沢創業応援塾.pdf
PDFファイル 713.9 KB
0 コメント

創業補助金の募集(第2次締切:平成25年6月28日)

第2次募集の案内(地域需要創造型等起業・創業促進事業)

現在、経済産業省では、日本経済再生に向けた緊急経済対策として各種施策展開を行っているところですが、これらの施策の一つに「事業を新規に立ち上げたい女性や若者等に対する創業を支援する」創業補助金(地域需要創造型等起業・創業促進事業)を実施しております。

 

新たに、起業・創業や第⼆創業を⾏う⽅に対して事業計画を募集し、計画の実施に要する費⽤の⼀部を助成することで、地域需要を興すビジネス等を⽀援する創業補助金です。

 

(1)地域需要創造型起業・創業地域の需要や雇⽤を⽀える事業を興す起業・創業を⽀援することにより、地域の新たな需要の掘り起こしや、地域における雇⽤の創出を促すことで地域経済の活性化を図ることを⽬的とします。

(2)第⼆創業既に事業を営んでいる中⼩企業・⼩規模事業者において後継者が先代から事業を引き継いだ場合などに業態転換や新事業・新分野に進出する第⼆創業を⽀援することにより、既存の中⼩企業・⼩規模事業者の活⼒の回復・向上を促し、経済の活性化を図ることを⽬的とします。

 

【参考URL】
http://www.chubu.meti.go.jp/keiei_shinjigyo/yosan.htm

 

0 コメント

事業計画書作成(第2回)ビジネスモデル・ジェネレーション

最近、新しい事業の事業計画や起業支援をお手伝いする機会が増えてきました。

なにか分かり易く、手軽なツールがないかとアンテナを上げていました。

 

先日facebookで「ビジネスモデル・ジェネレーション」本の紹介があり、アマゾンで購入し、早速読みました。直ぐ実践に使えそうでとても興味を持ちました。

 

ビジネスモデル・ジェネレーションには「キャンパス」があり、1シート(9つのブロック)であらゆるビジネスモデルが表現できます。

 

キャンパスは「価値提案」を中心に、左と右に分かれます。右側はお客様にかかわる収入、キャンパスの左側は自分たちの活動とコストになります。

 

一番使える(好き)なと思ったのが、各ブロックをポストイットを使って情報共有が出来る点ですね。

 

実際に起業支援で使ってみました。事業内容が明確化され、新しいアイデアが出て好評でした。事業計画作成のファストステップに使えました。

 


石川県 ブログランキングへ

ビジネスモデル・ジェネレーション
ビジネスモデル・ジェネレーション
0 コメント

事業計画書を作成しよう 第1回

事業計画書は、大きく分けて2つのパターンがあります。

 

ひとつは、「人に見せるための事業計画書」、銀行から資金(開業資金を借りるとき)や株主などからお金を出してもらうためのものです。

 

もうひとつは、「自分のための事業計画書」、3年後元気な会社であるための自らの想いを書き込み、事業が進むごとに改善を加える(作りぱなしではなく見直す)ことを継続的に行うと効果が倍増します。このような事業計画書は、事業を目的地にたどり着かせるための地図になります。

 

私がお勧めしているのは、「自分のための事業計画書」を作ることなのです。作成することで頭の中の整理ができ、紙の残すことができます。

 

第2回は、作成方法等を纏めます。

 

0 コメント

起業支援相談窓口を4月1日に開設(金沢市)

金沢市は、起業支援相談窓口を4月1日に開設いたしました。

この相談窓口では、検討段階の方から事業を始めて間もない事業者の方までを対象とし、起業支援の経験のある専門員がお話しをお聞きしながら、相談者の段階に応じた支援をしていきます。

 

・起業にむけて、何から始めていいかわからないという方に、次の段階に進むお手伝いをします。
相談者の起業の段階に応じた支援情報を提供します。

相談内容に応じて、アドバイザー(※)をご紹介し、課題を一緒に考えます。

 商業活性化アドバイザー制度 (IT関連のアドバイザーを担当しています)

 

起業支援相談窓口ホームページ 
 http://www4.city.kanazawa.lg.jp/17001/syougyou/kigyoushien.html

 

facebookグループに創業ビギナー倶楽部を作成しました。興味のおあるかたは参加ください。

0 コメント